意識障害の治療研究会として発足、日本意識障害学会。

お知らせ

第23回日本意識障害学会 開催のご挨拶

2014年 2月 4日

第23回 日本意識障害学会 意識障害の治療 〜現在と未来〜 会期:2014年8月22日(金)〜23日(土) 会場:ロイトン札幌(北海道札幌市)

第23回日本意識障害学会 会長 中村 博彦(社会医療法人 医仁会 中村記念病院 理事長・院長)

 第23回日本意識障害学会を平成26年8月22日(金)と23日(土)に札幌市のロイトン札幌で開催させていただきます。伝統ある本学会を北海道で最初に開催することになり、大変光栄に感じております。

 私自身が本格的に意識障害患者にかかわるようになりましたのは、平成19年に自動車事故対策機構(NASVA)の委託病床が北海道で中村記念病院に指定されてからです。私自身が意識障害に関して力量や経験が不足していることは否めませんが、道内の諸先生方に御協力いただき、病院職員一丸となりまして全力で学会を運営いたしますので宜しくご指導の程をお願いいたします。

 意識障害患者の治療は「チーム医療」の最たるもので、主治医はチームリーダーではあっても、看護師やリハビリテーションのスタッフ、患者家族などチーム全体で患者の治療に取り組まなくてはなりません。本学会では医師の他に、患者家族を含む治療に関係するあらゆる職種の方々に参加して頂きたいと思っています。

 鈴木明文先生が主催された昨年の秋田での学会メインテーマが「意識障害の治療―その足跡をたどる―」でしたので、今年の本学会では「意識障害の治療―現在と未来―」をメインテーマといたしました。意識障害患者の現状でのベストの治療と将来展望が理解できる学会になればと思っています。特別講演といたしましては札幌医科大学医学部附属フロンティア医学研究所神経再生医療学部門の本望修教授に「神経再生医療」を、北海道医療大学大学院看護福祉学研究科客員教授の石垣靖子先生には「意識障害患者の看護」についてご講演をお願いいたしました。教育講演としましては、札幌医科大学リハビリテーション医学講座教授の石合純夫先生、自動車事故対策機構 前千葉療護センター長の岡信男先生などを予定しています。メインのシンポジウムとしましては、最新の意識障害の診断法や、神経刺激療法や薬物療法、看護やリハビリテーションの工夫など、現状と将来展望を発表していただこうと考えています。

 今学会は北海道で初めての開催ですので、全国から参加した会員の方々に北の大地の底力をお見せしようと、当院を含め道内の諸先生方に多くの講演を依頼しています。地元に偏りすぎているとの御批判はあると思いますが、北の大地でも会員の皆様方と同じように日々研鑽し努力している姿を御披露できればと思ったからです。

 学会の会期ですが、北海道を訪れて良かったと思っていただけるように、本州はまだ猛暑の8月下旬に敢えて設定いたしました。学会二日目の23日(土)は、午後に市民公開講座はありますが学会は終了していますので、翌日の24日(日)と合わせて夏の北海道を楽しんでいただければ幸いです。多くの会員の方々の御来道を心よりお待ち申し上げます。

次の記事 

前の記事 

このページの先頭へ